FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中

見たらクリックしてもらえると、とっても嬉しいです!!
ぼくの苦手なC言語

再帰呼出しを用いたフィボナッチ数列を求めるプログラム

0
この記事は僕のメモ書きです。あまり参考にはなさらずに…。
任意のnを入力するとフィボナッチ数列のn個目を出力するC言語プログラムです。

フィボナッチ数列とは


1   1   2   3   5   8   13   21   34   ・・・・・・

と言う数列で、これは前の2つの数字を加えた数字の並びです。
ただし、1番目と2番目の数字は1で、3番目は「1+1=2」、4番目は「1+2=3」となっています。

ソースコード


//フィボナッチ数列
//F(0)=1
//F(1)=1
//F(n)=F(n-1)+F(n-2)  n>=2のとき

#include <stdio.h>

int fibo(int n){
  if(n<2){
    return 1;
  } else {
    return fibo(n-1)+fibo(n-2);
  }
}

int main(void){
  int n;
  printf("enter n: ");
  scanf("%d",&n);
  printf("fibo(%d)=%d\n",n,fibo(n));
}

ブログランキング参加中

見たらクリックしてもらえると、とっても嬉しいです!!
C言語プログラム

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。