本を選ばないブックカバーを買ってみた

ぼくのお買い物
05 /17 2018
こんにちわ!
昨日、今日と急に暑くなってきました…^^;
しゅんごんです。

みなさんは本を読みますか?
僕は最近読んでないですねぇ…。
このブログでも「活字嫌いによる本の紹介」シリーズがありますが、いまんとこ2回しか投稿していません…。
しかし!今日からはまた読書に没頭するぞ!!

電車で本を読みたい

僕は毎日学校へ2時間もかけて通っています。
電車だけでも1時間半…。
この1時間半を読書に当てれば、どれだけ時間を有効にできることか!
ですが、恥ずかしがり屋のシャイボーイな僕は、「あのメガネが〇〇の本読んでるぅ~!」と思われるのが嫌なので、ブックカバーは必須。
しかし、文庫本用しかないのでどうしようかなぁと思っていた矢先、Amazonで良さそうなものを見つけました。

フリーサイズのブックカバー!

世の中便利なものがあるんですね。
Amazonで文庫本から漫画までさまざまなサイズに対応できるブックカバーを見つけたので買ってみました。
フリーサイズのブックカバー
Beahouseというメーカーのブックカバーで、僕はデニム生地のスカイブルーにしました。
触り心地はとても良く、価格なりにしっかりとした素材でした。

ブックカバーのここが良い

ブックカバーって単純に本を覆うものなので、周りの人に何を読んでいるのかばれないのがいいですよね。僕もそれ目的で買いました。
そしてもう一つ、読書に必要な栞。
これでどこまで読んだかが一発でわかります!
ちゃんとしおり代わりの紐もついてます
ぼくも初めて知ったのですが、このしおりの紐のことをスピンと言うそうです。へぇ…。

結構でぶ。

このブックカバー、Amazonのページには文庫本も対応と書いてありました。
が、実際に家にあった文庫本でやってみると…。
けっこう布が余る
小説はぶかぶか
この通り、布がかなりあまってぶかぶかでした。
正直、読みづらい…。

重さに負ける

また、本のサイズを布を折り曲げマジックテープでつけて調整します。
マジックテープでサイズ変更
なので、ずーっと本を読んでいると重さで本がずれてしまいます。
重さで本がずれていく…
もっと本の表紙・背表紙をブックカバーにしっかり固定できるといいんですけど…。

なんだかんだ気に入ってます

不満点もちょっとありますが、コスパいいですし、結構気に入ってます。
よく読む文庫本サイズだけは別でブックカバーを用意すればいいんじゃないかな~。
ちなみに最近は電車で、これを読んでいます。
A5や新書である程度厚さのある本が良いかも
猫の表情に癒やされる~!!

関連リンク


ブログランキング参加中

見たらクリックしてもらえると、とっても嬉しいです!!

フォローしてください!

コメント

非公開コメント

しゅんごん

こんにちわ!管理人のしゅんごんです。
地元底辺私立大学に通う、多趣味な大学生です。実は辛いものは苦手ですが、いま空前の担々麺ブームです。名古屋で辛すぎず美味しいところあれば教えてください!
彼女募集中です←ここ重要!!