FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中

見たらクリックしてもらえると、とっても嬉しいです!!
オヌヌメなWebサービス・ツール

Feedlyがとっても便利なのでオヌヌメしたい

0
こんにちわ!しゅんごんです。
最近ブログの手抜き記事が増えてますね。
友達にも言われていますが、しっかりと自覚しています。
惰性で更新することもあるんです。

毎朝の通学時にやること

突然ですが、みなさんは電車に乗っていますか?
通勤・通学で電車を使う人は車通勤・通学の方に比べて、有効的に時間を使うことができる貴重な時間です。
もちろん僕も家から大学まで通学時間がとても長く(少なくとも計1時間は電車)、空いた時間があります。
僕の電車での過ごし方を思い出して見ることにしました。
通学時(電車乗車時)の過ごし方
図1:通学時の過ごし方
僕の適当な判断で、電車で過ごす方法について何をやっているのか割合を算出すると図1のようになります。
ほとんど寝ていますね。朝はたいてい電車の中で爆睡し、隣の人にもたれかかってしまって嫌がられてしまいます。ごめんなさい。
あとはほとんどスマホか読者、能力者開拓といったところでしょうか?

やはり現代人はスマホをタップタップ!

電車の中でも最近は読書する人や新聞を読む人、宿題をやる学生が少しいるだけで、あとは寝ているかスマホをタップタップ!もちろん僕もその一人ですが…。
ここで、僕がスマホで何をやっているのか、アプリの通信量に着目して確認してみることにします。
僕の通信量の多いアプリ
図2:アプリごとの通信量
やはりブラウザのChromeが多いです。
またSlack・Twitter・LINEなどのSNSも多いですが、それと同じレベルでRSSリーダーが多いです。
このRSSリーダーが僕にとって無くてはならないアプリなんですよ!

RSSリーダーとは

ブログなどをやっている方ならご存知の方も多いと思います。
そもそもRSSとはなにか?ですが、これはブログなどのウェブページの更新情報や日付・タイトル・内容などを取得するためのフォーマットです。
よくわからんぞ!という方のためにもっと砕いて話すと、RSSリーダーとはブログの最新記事などを常に取得してまとめてくれるものです。
つまり、僕みたいに複数のサイト・ブログを常にチェックするとき、毎日すべてのサイトに更新されているかどうかを確認しに行くのはたいへん面倒くさいです。
このRSSリーダーなら、そんなことは不要!登録した好きなサイトの更新された新着記事だけを見ることが可能!ということです。

RSSリーダーといえばFeedly!

大昔、僕はGoogleリーダーというRSSリーダーを使っていました。
大昔というのは僕が中学生ぐらい。
いまでこそブログよりYouTubeやSNSですが、当時はブログが全盛期でした。
ですが、なぜかGoogleリーダーのサービスが終了してしまったんですね。
なので僕は今Feedlyというツールを使っています。
Feedly"
こちらはPCの方はブラウザで、スマホの方はアプリもあると思います。
登録は簡単で、GoogleアカウントやFacebookアカウントでも登録することが出来ます。
GoogleChromeの拡張機能などで簡単にサイトを登録できるツールもあるので重宝しています。

Feedly活用術

僕はFeedlyに25サイトぐらい登録をしています。
今度機会があればどこのサイトを見ているのかは紹介するとして…(本当かよ)。
僕がたどり着いた一番のよい使い方はFeedlyとChromeとEvernoteの組み合わせ。
いつものサイトのチェックの流れはこんな感じです。
  1. Feedlyで適当に記事を物色
  2. 気になる記事は読む
  3. あとで読みたいなぁって記事はFeedlyのあとで読む設定で保存
  4. 永久保存したいなぁって記事はEvernoteのWebクリッパーで保存
これが最高な使い方です。
Feedlyのあとで読む設定だけでは、ウェブサイトが消された場合は見ることができなくなりますし、フォルダ管理も出来ないので見つけられません。
あくまでも一時保存という感じでしょうか。

今日は長めの記事になりましたが、いかがだったでしょうか?
今頃、このブログの読者の方もみんなFeedlyに登録しているんだろうなぁ…。

ブログランキング参加中

見たらクリックしてもらえると、とっても嬉しいです!!

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。